nissoku 日測エンジニアリング株式会社

個人情報保護方針サイトマップ

製品紹介

内圧疲労試験装置



fig 1. シリンダー断面図



「超高速内圧疲労試験装置」の大きな特徴。


特徴1:  従来の多くの内圧疲労試験装置に使われています電磁弁から
      発想を大きく変え機構開発した装置です。

特徴2: 1秒間に最大50回の加圧をワークに与える事が出来ます。
      耐久試験時間の大幅な短縮に貢献できます。

特徴3: 最大30Mpsまでの圧力を任意に測定・管理できます。

特徴4: 試験液体を選びません。
     水・オイル・ガソリンなど液状の媒体であれば使用できます。
      スピンドル油

特徴5: 加減圧可能な機能製品・部品に使用できます。
      主にインジェクター・高圧噴射装置
      産業用ロボット油圧配管。


※1:上記2・3を可能にした機構は、特許収得済みのシリンダー加圧という
   機構によるものです。(fig 1.参照)

※2:膨張係数が大きな製品・送り込む試験液体量が多い製品でご使用はご注意ください。     
   例:ラヂエーター・燃料タンク・ゴムチューブ等

製作例

型式SA-01
最大圧力30MPa
最少圧力0.1~0MPa
周波数50~1Hz/sec
対応液体ガソリン/軽油/スピルドン油/水 etc.